けいゆう国際学園とは?

鹿島学園高等学校(通信制)の学習サポートセンターです。

2011年に館林キャンパスがオープンし、2014年に提携校の足利キャンパスがオープンしました。

現在は足利キャンパスには30名以上の生徒がいます。

生徒はどちらのキャンパスでも学習することが可能です。

鹿島学園高等学校のサポート校でも、キャンパスによって雰囲気やサポートが異なります。

足利キャンパスでは、生徒ひとり一人を誠実にサポートしてきた結果、多くの生徒が集まるようになりました。足利市だけでなく、太田、佐野、桐生など幅広い地域から通って頂いています。

開校以来、既に多くの生徒が無事に高校卒業資格を取得しています。

他の通信制高校にない有意義な環境で、高校生活を過ごしてみませんか?

通信制高校とは?

通信制高校と聞いて、「全部ネットで勉強するの?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、実際はそうではなく、ちゃんとキャンパス(校舎)があります。

全日制との大きな違いは、好きなときに学校に来て、好きなときに勉強を進めることができるという点です。(年に何日か決められた日程でのスクーリングやテストはあります)

そのため、毎日学校に来てレポートを進める生徒もいれば、アルバイトやスポーツを毎日しながら週に1度だけくる生徒もいます。

通信制高校は高卒資格という点では全日制高校とまったく同じです。

自分のペースで高校生活を送れることから、近年通信制高校への注目は高まっています。

卒業するには?

卒業するには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

 ① 3年間の高校在籍期間

 ② 74単位以上の取得

 現在中学生の方は、中学卒業後の4月に入学すれば、3年間で卒業できます。

 現在高校生の方は、まずは高校を辞めずにご相談に来てください。

 現在通っている高校が合わない、違い環境で学習したい、例え思っても、現在在籍している高校を辞めてしまうと①の高校在籍期間に空白ができてしまい、卒業時期が通常より半年以上伸びてしまうことがあります。足利キャンパスではいつでも個別相談を承っていますので、お気軽にお電話ください。(Tel 0284-22-7766)

 

コースについて

足利キャンパスでは2つのコースを設けています。

①普通コース

最も多くの生徒が選ぶコースです。学校には週何回でも通学することができます。

また提携校である館林キャンパスにも通うことができます。 

好きな時に学校に来てレポートを進めたり、自由にテーマを選んで学習を進めることもできます。

勉強に疲れたら、好きな本を読んだりパソコンでゲームをしたり、卓球場(館林キャンパスのみ)で運動することもできます。

レポートの作成に不安がある方も、先生がしっかりサポートしてくれます。

②大学進学コース(普通コース+週2回の大学進学対策授業)

提携校の館林キャンパスでは、大学受験に特化した授業を行っています。

夕方以降は学習塾も開講しているため、大学受験に経験豊富な先生が複数います。

週2回(年間約120時間)の少数に特化した授業を通じて、生徒を大学進学へと近づけます。

 ※コース内容、授業のカリキュラムは随時変更されることがあります。

どんな生徒がいるの?

通信制高校を選ぶ理由はみな様々です。

これまで入学した生徒に聞いてみました。

・自分のペースで勉強や学校生活をを進めていきたかったから
・クラスメイトや先生と合わなかった
・起立性調節障害などの理由で、毎朝決まった時間に起きるのが難しい
・アルバイトの時間を多く取れる
・アイドル活動をしているので時間に融通が利く通信制高校が良かった
・プロスポーツ選手を目指しているので全日制高校だと十分に時間が取れない
・発達障害、てんかん、パニック障害、リーキーガットなどの症状があるため個々の症状に対応してくれる学校がよかった

多様な価値観の生徒が集まるからこそ、「挨拶をする」、「他人が嫌がることはしない」といった共通のルールを守り、お互いを尊重しながら学校生活を過ごしていきます。